赤熱(読み)セキネツ

デジタル大辞泉の解説

せき‐ねつ【赤熱】

[名](スル)物を、真っ赤になるまで熱すること。また、物が真っ赤になるまで熱せられること。しゃくねつ。「赤熱した石炭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃくねつ【赤熱】

( 名 ) スル
〔「しゃく」は呉音〕
真っ赤に熱すること。せきねつ。 「鉄の桶の中から、-されたコークスが/悪魔 潤一郎
熱病のこと。

せきねつ【赤熱】

( 名 ) スル
真っ赤になるまで熱すること。 「 -した鉄塊」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤熱の関連情報