コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤熱 セキネツ

デジタル大辞泉の解説

せき‐ねつ【赤熱】

[名](スル)物を、真っ赤になるまで熱すること。また、物が真っ赤になるまで熱せられること。しゃくねつ。「赤熱した石炭

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃくねつ【赤熱】

( 名 ) スル
〔「しゃく」は呉音〕
真っ赤に熱すること。せきねつ。 「鉄の桶の中から、-されたコークスが/悪魔 潤一郎
熱病のこと。

せきねつ【赤熱】

( 名 ) スル
真っ赤になるまで熱すること。 「 -した鉄塊」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

赤熱の関連キーワード火山角レキ岩(火山角礫岩)焼きなまし(焼鈍し)焼き玉機関・焼玉機関三リン酸ナトリウム水酸化マグネシウムストロンボリ式噴火パリクティン[山]ジフェニルメタンドレイパーの法則四酸化オスミウムエレバス[山]マルテンサイトベンチ・マグマブルカノ式噴火ガスストーブ焼き玉・焼玉塩化バリウムサブゼロ処理焼き玉機関酸化クロム

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤熱の関連情報