コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熔岩隧道 ようがんずいどう lava tunnel

1件 の用語解説(熔岩隧道の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

熔岩隧道

すでに固結した熔岩流の内部の熔岩が流れてできたトンネルまたは管.流動性の大きな熔岩が流れるときに,表面と底面が固結しても内部は相当長い間高温を保ち流動性をもっている.この内部の熔岩が表面の固結した外皮を残して流れ去ると,あとにはトンネル状の横穴が生じる.時に1km以上の長さに達することもある.トンネルや管は空のこともあり,後からきた熔岩で埋められることもある[Perret : 1950, 渡辺編 : 1935].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熔岩隧道の関連キーワード熔岩滴丘集塊熔岩圧力台地スクイーズ・アップ熔岩環状丘熔岩湖熔岩溝熔岩樹型熔岩堤防流動単位

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone