熟蝦夷(読み)ニキエミシ

大辞林 第三版の解説

にきえみし【熟蝦夷】

朝廷に対する帰順の度合によって分けた蝦夷の呼び方の一。朝廷に従順な蝦夷。 ⇔ あらえみし 「近き者をば-と名づく/日本書紀 斉明訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にき‐えみし【熟蝦夷】

〘名〙 古代、大和政権に服した柔順なえみし。⇔荒蝦夷(あらえみし)
※書紀(720)斉明五年七月(北野本訓)「蝦夷は幾種ぞや。〈略〉類三種有り。遠き者をは都加留と名づく。次の者をは麁(あら)蝦夷、近き者をは熟蝦夷と名づく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android