コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熨斗目模様 のしめもよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熨斗目模様
のしめもよう

男性和服の模様のつけ方の一種。きものや羽織の袖と腰あたりに,横一文字に前後の身頃を通して変り模様を染め出したもの。変り模様にはしばしば吉祥文が選ばれる。江戸時代は武士の礼服として麻 (かみしも) の下に着た。近年は男児の祝着としてしか用いない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

熨斗目模様の関連キーワード祝い着

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android