コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かみしも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


かみしも

上下とも書く。江戸時代の武士の中礼服で,同時に庶民の礼服としても用いられた。もとは,上衣が直垂 (ひたたれ) ,素襖 (すおう) ,大紋 (だいもん) でも下衣と同質,同色,同紋であれば裃を意味したが,17世紀以降,肩衣 (かたぎぬ) に袴を着けた服装 (肩衣袴) が武士の出仕着や日常着にされ,これを裃というようになった。袴の長短によって長裃半裃と区別した。縞の袴は継 (つぎ) 裃といって略装であり,裏のついたのを裏付き裃といった。布地は麻が正式,その他が略式であり,文様は霰 (あられ) 小紋,鮫 (さめ) 小紋などの小紋類が多い。色は紺,憲法 (黒茶色の小紋染) ,茶,萌黄など。凶事には黒と水浅黄の無紋を用いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

裃【かみしも】

上下とも書く。上衣の肩衣(かたぎぬ)と下衣の(はかま)が共布でできている衣服をいう。室町時代の肩衣袴がさらに形式化し,肩衣の形も大きく,鯨のひげで形を整えたり,飾りひだがついたりして派手になったもの。
→関連項目奈良晒熨斗目礼服

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


かみしも

江戸時代武家の衣服の一種。本来、同質同色の上・下対(つい)になったものを総じて上下(かみしも)とよんだ。室町時代に素襖(すおう)の袖(そで)を取り除いた肩衣(かたぎぬ)と袴(はかま)の組合せを公服化した。江戸時代になると肩を張るように襞(ひだ)を深くとって仕立て、礼装として着用された。麻布製を正式としたが、後世、上流武家の間では絹のものも用いられるようになった。とくに色の定めはないが、藍(あい)色やねずみ色などのじみな無地染めや小紋染めが好まれた。また肩衣の両胸と背の3か所と、袴の腰に家紋をつけた。長袴を用いる長裃は、上流武家の殿中での礼装。半裃は切袴をつけ、一般武士の公服。後期には庶民などの礼装として広く用いられた。また上下同質でないものを継裃(つぎがみしも)とよび、略儀とした。なお、初期の肩衣は襞もなく、肩幅も狭い。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

裃の関連キーワード竜紋・竜文・竜門・流紋スパーケンブルフ掛川手織葛布熨斗目模様宝泉寺駕籠はんや舞裃を着る福ちゃん笹の才蔵照葉狂言松平外記江戸小紋上下・裃切口上舞囃子出遣い鮫小紋麻上下番囃子叶福助

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裃の関連情報