コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 かみしも

4件 の用語解説(裃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


かみしも

上下とも書く。江戸時代の武士の中礼服で,同時に庶民の礼服としても用いられた。もとは,上衣が直垂 (ひたたれ) ,素襖 (すおう) ,大紋 (だいもん) でも下衣の袴と同質,同色,同紋であれば裃を意味したが,17世紀以降,肩衣 (かたぎぬ) に袴を着けた服装 (肩衣袴) が武士の出仕着や日常着にされ,これを裃というようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

裃【かみしも】

上下とも書く。上衣の肩衣(かたぎぬ)と下衣の(はかま)が共布でできている衣服をいう。室町時代の肩衣袴がさらに形式化し,肩衣の形も大きく,鯨のひげで形を整えたり,飾りひだがついたりして派手になったもの。
→関連項目奈良晒熨斗目礼服

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かみしも【裃】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


かみしも

江戸時代武家の衣服の一種。本来、同質同色の上・下対(つい)になったものを総じて上下(かみしも)とよんだ。室町時代に素襖(すおう)の袖(そで)を取り除いた肩衣(かたぎぬ)と袴(はかま)の組合せを公服化した。江戸時代になると肩を張るように襞(ひだ)を深くとって仕立て、礼装として着用された。麻布製を正式としたが、後世、上流武家の間では絹のものも用いられるようになった。とくに色の定めはないが、藍(あい)色やねずみ色などのじみな無地染めや小紋染めが好まれた。また肩衣の両胸と背の3か所と、袴の腰に家紋をつけた。長袴を用いる長裃は、上流武家の殿中での礼装。半裃は切袴をつけ、一般武士の公服。後期には庶民などの礼装として広く用いられた。また上下同質でないものを継裃(つぎがみしも)とよび、略儀とした。なお、初期の肩衣は襞もなく、肩幅も狭い。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裃の関連キーワード比喜多松斎徒士六方麻上下肩衣袴半上下武士の道須多綿継上下長上下

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

裃の関連情報