コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熨斗鮑 ノシアワビ

デジタル大辞泉の解説

のし‐あわび〔‐あはび〕【熨×鮑】

アワビの肉を薄くはぎ、長く伸ばして干したもの。古くは儀式用の肴(さかな)に用い、のち祝儀の贈り物に添える風習になった。のし。→熨斗

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のしあわび【熨斗鮑】

アワビの肉を薄く長く切り、よく伸ばして干したもの。もと儀式用の肴さかなに用い、のち贈り物に添えた。うちあわび。貝肴かいざかな。鮑熨斗。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の熨斗鮑の言及

【アワビ(鮑)】より

…生食はあまり行われなかったが,《延喜式》によると,秋~春の季節には生鮮品が志摩の御厨(みくりや)から貢進されている。乾燥品の代表ともいうべきものが,伸鰒,長鰒などと書く〈熨斗(のし)鮑〉で,かんぴょうをつくるように外縁部から長くむいて乾燥したものである。古くから酒のさかななどとして多用されたが,いまでは祝儀用の飾物になってしまった。…

【熨斗】より

…のし鮑(あわび)の略。元来は保存食料の一つであったが,のちには祝儀やめでたいおりの贈物に添えものとして広く用いられるようになった(図)。アワビの殻や臓物をとり去って,肉を長い条(すじ)状に小刀で薄くはぎ,水洗いして乾かし,生乾きのときにおもしをつけて引き伸ばしたまま乾して製品としたもの。のしを〈熨斗〉と記すのは,火熨斗(ひのし)の文字の流用で当て字であるが,伸ばしたまま干して作ることから,〈のし〉と称するようになったのではないかといわれている。…

※「熨斗鮑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熨斗鮑の関連キーワード蓬莱飾り・蓬萊飾り蓬莱(神仙思想)熨斗・熨口取り肴熨斗模様飾り三方蓬莱飾り折り熨斗熨斗昆布熨斗包み長熨斗又兵衛熨斗肴鮑熨斗熨斗袋御師ベン髪置いも俵物

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熨斗鮑の関連情報