コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熨斗 のし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熨斗
のし

贈答品につける標識。熨または熨と書くのは火熨斗 (ひのし。金属製の入れ物に炭火を入れて布地の雛を伸ばす用具) の文字を用いたあて字。日本では仏事に生臭物を贈り物にしない慣習があり,これに対してめでたいときの贈り物には,凶事の贈答でないことを強調するために,わざわざ生臭物を添えることとなった。そのため魚のひれなどを保存しておき,贈答品につけることも行われているが,最も一般的なものは,のしあわびの1片を添えることであった。「のし」の名はここに由来する。それを紙に包むところから発展して,紅白の紙を雛包みにして,のしあわびの上端をのぞかせる形となり,ついには黄色の紙片を雛包みにしたり,「のし」の文字だけを書くことも行われるようになった。魚,かつお節,鳥などを贈る際には,のしは用いないのが普通である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のし【熨斗/×熨】

方形の色紙を細長く六角形にひだをつけて折りたたみ、中に熨斗鮑(のしあわび)細片を包んだもの。祝儀などの進物に添える。熨斗鮑の代わりに昆布(こんぶ)や紙を用いたりする。近年はふつう熨斗紙が用いられる。
火熨斗」の略。
熨斗鮑」の略。
紋所の名。熨斗鮑の形を図案化したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

熨斗【のし】

のしアワビの略で,贈物の添え物。アワビの肉を薄く長くはぎ,引き伸ばして乾かしたもの。香味があり保存もよいため,江戸時代以降吉事の贈物とされた。次第に簡略化され,現在はのしアワビの細片や,それを模した黄色の紙を方形の色紙に包んだ包みのしが一般に用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のし【熨斗】

のし鮑(あわび)の略。元来は保存食料の一つであったが,のちには祝儀やめでたいおりの贈物に添えものとして広く用いられるようになった(図)。アワビの殻や臓物をとり去って,肉を長い条(すじ)状に小刀で薄くはぎ,水洗いして乾かし,生乾きのときにおもしをつけて引き伸ばしたまま乾して製品としたもの。のしを〈熨斗〉と記すのは,火熨斗(ひのし)の文字の流用で当て字であるが,伸ばしたまま干して作ることから,〈のし〉と称するようになったのではないかといわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熨斗
のし

熨斗鮑(あわび)の略。アワビの肉を桂(かつら)むきにしたものを薄くのし、紅白の紙を折って挟んで水引で結び、めでたいときの贈答品につける。日本は周囲を海に囲まれているが、漁業技術や運送態勢の未発達な時代には、魚貝類を生臭物(なまぐさもの)としてあこがれる気風が強かった。日常の食事のおかずは野菜が中心であっても、めでたいときの食事には、ぜひとも生臭物を口にしたいと念願した。そういう背景のなかで、仏教はたてまえとして魚食を禁じ、仏事のときの食事はすべて精進(しょうじん)料理であった。そのため仏事以外の贈答品には、精進でないことを示すために生臭物の代表として「熨斗鮑」を添えることになった。魚の鰭(ひれ)を台所の板戸などに貼(は)り付けておき、2、3本ひっかいて、めでたいときの贈答品に添える例もあり、鶏の羽を1本添える所もある。正月の鏡餅(もち)に大(おお)熨斗、束ね熨斗を飾るのも、婚礼の結納品目に束ね熨斗が入っているのも、凶事でないことを強調する意味があった。したがって凶事の贈答品には、熨斗をつけないのが本来の形であったが、近年は紅白の紙にかえて黒と白または青と白の紙に挟み、同色の水引で結んだ熨斗をつけることが一般化している。吉凶にかかわらず、熨斗鮑の部分に黄色い紙などを使い、また、熨斗と水引を印刷した進物用の包み紙や、金銭を贈るときに使う熨斗袋もあり、本来の意味が忘れられて形式化している。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の熨斗の言及

【折紙】より

…もっとも,アメリカの民族学者レグマンG.Legmanらの熱心な探索も行われているが,その発生の地が日本とされていることにはどこからも異論は起こっていない。折紙の本来の語義から熨斗(のし)や包形(つつみがた)も折紙に加えるなら時代は相当さかのぼれるが,遊戯的折紙の資料となると,江戸後期の寛政9年(1797)に初版の出た《千羽鶴折形》が現存する世界最古の資料である。これは折紙を代表する〈折鶴(おりづる)〉を,2羽から97羽まで計49種類にわたる連続形として,いずれも1枚の紙からつなぎ折りするための展開図と完成形によって,狂歌を添えて示したものであるが,その序文では折鶴はすでに衆知のものと記されている。…

【洗濯】より

…洗濯たらい(盥)の出現もこのころからで,手洗い用,洗顔用であった桶が,井戸端洗濯に移るとともに大型となって洗濯に転用されているが,後世のたらいのような結桶(ゆいおけ)はまだ出現していない。仕上げに関しては《大鏡》太政大臣兼通の巻に,熨斗(のし)が登場し,夜具を暖めているところから,衣服の仕立てや洗濯物の仕上げにも使用されていたと推察できる。今日のアイロンのもとといえよう。…

※「熨斗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熨斗の関連キーワード沢村 可川(2代目)市川猿之助(2代)市川猿之助(2世)市川猿之助(3世)市川小太夫(2代)市川段四郎(3代)市川中車(8代)市川中車(8世)熨斗をつけてやる懸け紙・懸紙竹柴 其水熨斗と水引熨斗・熨高杉早苗熨斗模様折り熨斗束ね熨斗昆布熨斗渋川太織小川松民

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熨斗の関連情報