コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱い電子 あついでんしhot electron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱い電子
あついでんし
hot electron

半導体に強い電界を加えると,電子や正孔などのキャリアは電界によって加速されて運動エネルギーが増加する。このエネルギーの増加の割合が,キャリアと結晶格子 (→空間格子 ) との衝突によってキャリアが失うエネルギー減少の割合より大きくなると,キャリアがもつ平均エネルギー (電子温度または正孔温度) と結晶格子の平均エネルギー (格子温度) がアンバランスになり,後者より前者が大きくなることが起こりうる。このような状態のキャリアを熱くなったキャリアと呼び,キャリアが電子のときこれを熱い電子という。ホットエレクトロンともいう。非線形効果など,いろいろおもしろい性質をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android