電子温度(読み)でんしおんど(英語表記)electron temperature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子温度
でんしおんど
electron temperature

電子の運動エネルギーの大きさを表わすために,熱エネルギーの式にあてはめて求めた温度のこと。実際の温度とは一致しない。気体放電や電離層など一般にプラズマ中の電子は,種々の向きに種々の速さをもって熱運動をしており,ある速さの電子の数はマクスウェル=ボルツマン分布で与えられる。したがって個々の電子の運動エネルギーはそれぞれ異なった値をもつが,すべての電子について平均すると,電子1個の熱運動エネルギーは (1/2)mv2=(3/2)kT である。 m は電子の質量,v2 は速度の2乗の平均値,k はボルツマン定数で,T を電子温度という。電子は質量が小さいので電場からエネルギーを受けやすく,他の粒子との衝突に際してエネルギー損失が少いので,電子温度は高い。ケイ光灯の電子温度は 10000℃ぐらいである。電子温度はプラズマ中に置かれた小さい電極の電位に対する電流の関係から求めることができる。これを探極法という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android