コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱サイクル効果 thermocyclic effect

1件 の用語解説(熱サイクル効果の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

熱サイクル効果【thermocyclic effect】

原子炉燃料用のウランの粒子が,温度の上昇と下降を繰り返すうちに形状の変化を起こし,表面に多数の凹凸が生じる現象,つまり熱損傷の起きることをいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱サイクル効果の関連キーワードウラン濃縮核燃料核反応コールダーホール型原子炉トリウム転換炉劣化ウランアクチノウランウオーターボイラー型原子炉二酸化ウラン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone