コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱レンズ効果 thermal lens effect

法則の辞典の解説

熱レンズ効果【thermal lens effect】

気体の密度が熱によって変化するため,部分的に温度が上がると屈折率も部分的に変化する.蜃気楼陽炎かげろう)などが例であるが,四極配置にした金属パイプのうち相対する2本を加熱,冷却することでガスレンズを構成させることも可能である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねつレンズ‐こうか〔‐カウクワ〕【熱レンズ効果】

媒質の温度変化に応じて屈折率が変化すること。高出力のレーザー光を用いる光学系などで生じる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

熱レンズ効果の関連キーワードレーザー光気体

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android