熱残留磁気(読み)ねつざんりゅうじき(英語表記)thermo-remanent magnetization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱残留磁気
ねつざんりゅうじき
thermo-remanent magnetization

強磁性体をキュリー点より高い温度から磁場中で冷却すると,強い残留磁気を獲得する。これを熱残留磁気と呼び,TRMと略されることが多い。火成岩自然残留磁気は,これらの岩石中に含まれる強磁性鉱物が溶岩から固化するときに得た熱残留磁化によるものである。岩石の熱残留磁化は大変安定しているので,火山岩の残留磁化の測定から地球磁場の変化を地質時代までたどることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android