コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱残留磁気 ねつざんりゅうじきthermo-remanent magnetization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱残留磁気
ねつざんりゅうじき
thermo-remanent magnetization

強磁性体をキュリー点より高い温度から磁場中で冷却すると,強い残留磁気を獲得する。これを熱残留磁気と呼び,TRMと略されることが多い。火成岩自然残留磁気は,これらの岩石中に含まれる強磁性鉱物が溶岩から固化するときに得た熱残留磁化によるものである。岩石の熱残留磁化は大変安定しているので,火山岩の残留磁化の測定から地球磁場の変化を地質時代までたどることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ねつ‐ざんりゅうじき〔‐ザンリウジキ〕【熱残留磁気】

熱残留磁化

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

熱残留磁気の関連キーワードバインマシューズ仮説熱残留磁気年代測定法地磁気の逆転天狗谷遺跡渡辺直経古地磁気永田武姫谷焼

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android