コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然残留磁気 しぜんざんりゅうじきnatural remanent magnetization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然残留磁気
しぜんざんりゅうじき
natural remanent magnetization

略称 NRM。岩石が自然状態でもっている磁気のこと。特に火山岩のもつ自然残留磁気は大きい。これは火山岩が生れるときに,高温のマグマから冷却するに伴い,強い熱残留磁気を獲得するためである。堆積岩も弱いながら自然残留磁気をもつ。これは水底 (海底) に岩石の粉が沈殿するとき,強磁性粒子地磁気の向きに磁化の向きをそろえて堆積するために生じるものである。変成岩の場合には,最後に熱変成を受けてキュリー温度になったときに熱残留磁気を獲得する場合もあるし,低温でも強磁性鉱物が化学変化や再結晶作用などで生じたときに,そのときの地球磁場を記録する磁化をもつ場合がある。また自然の岩石ではないが,古代の人々が煉瓦土器を焼いた窯跡の土や,煉瓦や土器もその時代の地磁気を反映した自然残留磁気をもっている。このような岩石や考古学的資料の自然残留磁気を使って過去の地磁気の変化を推定することができる。これらから,地磁気の向きが地質時代を通じて何回も逆転したこと,大陸が移動したことなどが明らかにされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

自然残留磁気【しぜんざんりゅうじき】

岩石が過去の地球磁場の影響で磁気を帯び,現在もそれを保持しているもの。古地磁気学はこれの測定を基本的手段として成立している。火山岩の場合は,地球磁場の中で冷え固まるときにキュリー点を通過した際,岩石中の磁鉄鉱などの強磁性物質が熱残留磁気を獲得する。その強さは1cm3当り10(-/)2cgs電磁単位程度。熱変成岩の場合も同様にして帯磁する。堆積岩の場合は堆積物の粒子が沈殿するときに磁性をもつ粒子が地球磁場の作用を受けてその方向に向きをそろえるために生じると考えられてきたが,最近は脱水時に堆積物の粒子が回転・固定する場合も考えられている。その強さは火山岩の場合の100分の1から1万分の1程度。古いかまどや炉などの遺跡に残された焼土も熱残留磁気を有し,それからその焼かれた時代の地磁気を調べることができ,この手法は考古地磁気学と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しぜんざんりゅうじき【自然残留磁気 natural remanent magnetization】

岩石などが自然に保持している残留磁気を自然残留磁気または自然残留磁化と呼ぶ。岩石は一般に地球磁場の影響を受けて磁化されており,岩石の磁気を測定することで過去の地球磁場の推定が可能である。自然残留磁化は種々の原因によって発生した残留磁化の総称であり,磁化獲得過程の違いによっていくつかに区別される。強磁性鉱物(磁鉄鉱,赤鉄鉱チタン鉄鉱,チタン磁鉄鉱など)が強磁性を失う温度(キュリー点)より高温から磁場中で冷却されたときに獲得する磁化を熱残留磁化と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しぜんざんりゅうじき【自然残留磁気】

岩石が産出状態ですでにもっている磁気。岩石が生成される際、地磁気により磁化されたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

自然残留磁気の関連キーワード縞状磁気異常地磁気編年岩石磁気学磁気異常古地磁気磁力計

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android