コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱通過 ねつつうか overall heat transfer

1件 の用語解説(熱通過の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱通過
ねつつうか
overall heat transfer

固体壁をへだてて温度の異なる流体があるとき,高温側の一方の流体より低温側の他方の流体へ壁を通して熱が伝わる現象をいう。熱交換器の設計において重要な概念である。熱通過の良否は,固体壁両面での流体と壁面間の熱伝達率,および壁の熱伝導率とその厚さによって決定され,伝わる熱量が伝熱面積,時間,両流体の温度差に比例するとしたときの比例定数を熱通過率あるいは熱貫流率という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱通過の関連キーワード輝度温度靴を隔てて痒きを搔く隔てる御簾を隔てて高座を覗く乱泥流懸隔て靴を隔てて痒きを掻くエッカート数タンマン温度デュロン数

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone