コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃えつき症候群 もえつきしょうこうぐん

百科事典マイペディアの解説

燃えつき症候群【もえつきしょうこうぐん】

バーンアウト・シンドロームburnout syndromeの訳語。燃料が燃えつきたかのように,それまで目標を掲げて仕事などに生きがいを感じて熱中してきた人間が,なんらかの理由で意欲を失い,スランプに陥る状態に対して,米国の精神分析医H.フロイデンバーガーが1980年に命名したもの。
→関連項目出社拒否症

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

燃えつき症候群の関連キーワードバーンアウトシンドローム小此木 啓吾過労死

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

燃えつき症候群の関連情報