コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃料噴射ポンプ ねんりょうふんしゃポンプ fuel injection pump

2件 の用語解説(燃料噴射ポンプの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燃料噴射ポンプ
ねんりょうふんしゃポンプ
fuel injection pump

燃料を噴射するためのポンプディーゼル機関では,カム駆動のプランジャポンプであり,吐出し圧力 7MPaから 100MPaをこすものまである。現在世界的に広く用いられているものにボッシュ噴射ポンプがあり,特に高速ディーゼル機関では大部分がこれを用いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

燃料噴射ポンプ
ねんりょうふんしゃぽんぷ
fuel-injection pump

ディーゼル機関などで燃料を噴射するために用いるポンプ。燃料は燃料供給ポンプタンクから吸い上げられ、燃料フィルターを通って噴射ポンプに供給される。また噴射ポンプには機関の回転数の上限を決めたりするガバナーと、噴射時期を調節するタイマーがついている。噴射ポンプ自体は100気圧以上の高圧を燃料に加えられるプランジャー式ポンプで、各気筒に一つずつのポンプをもつ列型噴射ポンプと、一つのプランジャーポンプを各気筒で共用し、燃料を分配する分配型噴射ポンプがある。また超高圧噴射を可能にするポンプとして各気筒ごとに噴射ポンプと噴射ノズル一体化したユニットインジェクターも一部で使用されている。[吉田正武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の燃料噴射ポンプの言及

【ディーゼルエンジン】より

… ディーゼルエンジンでは燃料の自発火を起こさせるため圧縮比は高く,通常14~23の間にとられ,圧縮終りでシリンダー内での空気は40気圧以上,600℃程度になる。燃料噴射ポンプで数百気圧に加圧された燃料は,クランク回転角で上死点より20度程度前に噴射弁の噴口から燃焼室内に噴射される。その後,燃焼終りまでの過程は4期に分けて考えることができる。…

【噴射ポンプ】より

…燃料噴射ポンプともいう。ディーゼルエンジンなどのシリンダー内に燃料を噴射させるポンプ。…

※「燃料噴射ポンプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

燃料噴射ポンプの関連キーワードディーゼル機関噴射ポンプ燃料ポンプ排水ポンプ噴射機関無気噴射ウオッシャーポンプ空気噴射機関燃料噴射弁ディーゼル指数

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

燃料噴射ポンプの関連情報