コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃灯会 ねんとうえ

1件 の用語解説(燃灯会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ねんとうえ【燃灯会】

朝鮮の高麗時代に盛行した春季の年中行事で,八関会(はちかんえ)とともに二大国儀であった。上元(1月15日),ときには2月の夜,仏に灯火をささげ音楽と踊りでたのしみ,国家の太平を祈った。八関会が首都の祭礼であったのと違い,首都をはじめ全国の農村で行われた。本来は仏教儀礼であったが,朝鮮農村の火祭行事に結びつき,国王から民衆までが参加する国家的祭礼になったものと思われる。高麗末期から李朝時代には4月8日の釈迦の誕生日に行うようになり,民衆の行う燃灯会は民俗化して韓国では現在もつづいている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の燃灯会の言及

【社】より

…敦煌は仏教都市であったから,当然,社は諸種の仏教行事に参加し法会の援助を行った。それには,三長月斎(1月,5月,7月の各1日に仏寺で行う法会),1月15日の燃灯会,2月8日の釈迦の降誕を祝う行像会,7月15日の盂蘭盆(うらぼん)会,仏像の印を紙や布に押す印沙仏会などがあり,蘭若(寺院)や仏窟の修理造営を援助することもあった。社に入るのは任意であったが,いったん入社すれば社条の規則を守ることが強く求められ,所定の時間に遅れたり,不参したりすると重く罰せられた。…

※「燃灯会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

燃灯会の関連キーワード建武年中行事高麗高麗青磁檀君年中行事年中行事絵巻時令宋詞画像塼年中行事の障子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone