燐灰土(読み)りんかいど

大辞林 第三版の解説

りんかいど【燐灰土】

リン酸カルシウムに不純物の混じった土状集合物。白ないし灰褐色。または、リン灰石の土状集合体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

岩石学辞典の解説

燐灰土

最初は燐灰石に対する名称であったが,現在は堆積岩でP2O5が19.5%以上含まれているものに用いられる[Kirwan : 1794, Pettijohn : 1975].ギリシャ語のphos-phorusは光をもたらす意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りんかい‐ど リンクヮイ‥【燐灰土】

〘名〙 燐酸石灰不純物を混じた白色または灰褐色の土。脊椎動物の骨格・排泄物などが堆積したもの。燐分の多いものは人造肥料の原料となる。〔鉱物字彙(1890)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android