コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燐灰土 りんかいど

2件 の用語解説(燐灰土の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

りんかいど【燐灰土】

リン酸カルシウムに不純物の混じった土状集合物。白ないし灰褐色。または、リン灰石の土状集合体。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

燐灰土

最初は燐灰石に対する名称であったが,現在は堆積岩でP2O5が19.5%以上含まれているものに用いられる[Kirwan : 1794, Pettijohn : 1975].ギリシャ語のphos-phorusは光をもたらす意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

燐灰土の関連キーワード燐灰石燐酸塩皮膚酵母菌ガラクタイトオステオライトフロリダ岩准片麻岩カヴァロロ岩クロロファイアテルゾントリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone