コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燗鍋 カンナベ

デジタル大辞泉の解説

かん‐なべ【×燗鍋】

酒を温めるための鍋。多くは銅製で、つるやつぎ口がついている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんなべ【燗鍋】

酒を温めるのに用いる鍋。鉄製または銅製で鉉つるが掛かり、注ぎ口と蓋ふたがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

かんなべ【燗鍋】

懐石に用いる酒つぎ。かつては酒を鉄製の燗鍋に入れ、直接火にかけて燗をしていたが、現在は別の容器で燗をした酒を燗鍋に移して用いる。陶器製のものもある。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の燗鍋の言及

【酒器】より

…燗徳利は湯に入れて間接的に酒を温めるもので,それをさらに簡便にしたのが注ぎ口と把手をつけた金属製の〈ちろり〉である。これに対して,銚子を簡略化した燗鍋は直接火にかける直燗の容器であった。また九州では焼酎を温めて飲むことが多く,鹿児島や沖縄では土瓶形をした〈ちょか〉,熊本県球磨地方では平たいフレスコ形に長い注ぎ口をつけたような〈がら〉と呼ぶ酒器があり,いずれも直接火にかけて用いている。…

【銚子】より

…〈さしなべ〉は,注口のある鍋に弦(つる)をつけたもので,湯をわかしたり酒をあたためるのに用いた。これから長柄をつけたものが分化したと思われるが,長柄の銚子が成立すると,弦をつけた〈さしなべ〉を提子(ひさげ)と呼び,江戸時代になると提子からの変化と見られる燗鍋(かんなべ)が出現する。この燗鍋で明かなように,〈さしなべ〉―提子の系統は,直接火にかけて酒をあたためるのが主要な用途であったのに対し,銚子はおもに冷酒用であり,火にかけて使うものではなかった。…

※「燗鍋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

燗鍋の関連キーワード取り回し・取回し粟田口善法茶道具注ぎ口ちょか銚子鍋酒器酒鐺銚子

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android