爆縮レンズ(読み)バクシュクレンズ

デジタル大辞泉の解説

ばくしゅく‐レンズ【爆縮レンズ】

原子爆弾起爆に用いられる技術の一。ウランプルトニウム核分裂連鎖反応を起こすには、周囲を火薬で囲んで爆発させ、中心部に強い圧力を発生させる爆縮という現象を起こす必要がある。1940年代、ノイマンらによるZND理論に基づき、火薬中を伝播する衝撃波をレンズで集光するように中央の一点に集中させる爆縮レンズが考案された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android