爆縮レンズ(読み)バクシュクレンズ

デジタル大辞泉の解説

ばくしゅく‐レンズ【爆縮レンズ】

原子爆弾起爆に用いられる技術の一。ウランプルトニウム核分裂連鎖反応を起こすには、周囲を火薬で囲んで爆発させ、中心部に強い圧力を発生させる爆縮という現象を起こす必要がある。1940年代、ノイマンらによるZND理論に基づき、火薬中を伝播する衝撃波をレンズで集光するように中央の一点に集中させる爆縮レンズが考案された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android