コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爾比末奈妣 にいまなび

1件 の用語解説(爾比末奈妣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

爾比末奈妣
にいまなび

江戸時代後期の歌論書。新学とも書く。賀茂真淵著。1巻。明和2 (1765) 年成立,寛政 12 (1800) 年刊。和歌は万葉風を重んじ,調べをもっぱらとして詠むべきであること,『万葉集』によっていにしえの道を明らかにできること,人麻呂,赤人らの歌評,『古今集』『後撰集』『拾遺集』『古今六帖』の批評など,真淵の和歌に対する思想が展開されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

爾比末奈妣の関連キーワード松田直兄歌袋新学新学異見歌体約言青木行敬賀茂成平賀茂女御蜂屋光世鵜鷺系歌論書

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone