コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爾比末奈妣 にいまなび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

爾比末奈妣
にいまなび

江戸時代後期の歌論書。新学とも書く。賀茂真淵著。1巻。明和2 (1765) 年成立,寛政 12 (1800) 年刊。和歌は万葉風を重んじ,調べをもっぱらとして詠むべきであること,『万葉集』によっていにしえの道を明らかにできること,人麻呂,赤人らの歌評,『古今集』『後撰集』『拾遺集』『古今六帖』の批評など,真淵の和歌に対する思想が展開されている。本書に対しては香川景樹は『新学異見』 (15) で反論を加え,さらにその反論が長瀬真幸 (まさき) によって出された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android