コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長瀬真幸 ながせ まさき

3件 の用語解説(長瀬真幸の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

長瀬真幸

熊本藩士、国学者、本居宣長門、天保6年(1835)歿、71才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長瀬真幸 ながせ-まさき

1765-1835 江戸時代後期の国学者。
明和2年生まれ。肥後熊本藩士。草野潜渓(せんけい)に儒学を,父長瀬正常に礼式と故実をまなぶ。寛政5年伊勢(いせ)の本居宣長(もとおり-のりなが)の門人となる。また江戸で加藤千蔭,村田春海らとまじわった。天保(てんぽう)6年5月28日死去。71歳。通称は七郎平。号は田廬(たぶせ),双松(そうしょう)園。著作に「肥後事蹟考証」,歌集に「田廬歌集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ながせまさき【長瀬真幸】

1765‐1823(明和2‐文政6)
江戸中期の国学者。通称七郎平。号田廬(たぶせ)。熊本藩士。初め草野潜渓に従学,父正常からも礼式故実を学んだ。長じて国史,古典に心を寄せ,本居宣長に入門したが,江戸の加藤千蔭,村田春海とも交遊した。《万葉集》を愛しその秀歌を選んで《万葉集佳調》《万葉集拾遺》を編したが,その訓詁注釈方面の研究にも力を入れた。門下に中島広足和田厳足などが輩出,肥後国学の基礎を開いた。【南 啓治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone