コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長瀬真幸 ながせ まさき

3件 の用語解説(長瀬真幸の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

長瀬真幸

熊本藩士、国学者、本居宣長門、天保6年(1835)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長瀬真幸 ながせ-まさき

1765-1835 江戸時代後期の国学者。
明和2年生まれ。肥後熊本藩士。草野潜渓(せんけい)に儒学を,父長瀬正常に礼式と故実をまなぶ。寛政5年伊勢(いせ)の本居宣長(もとおり-のりなが)の門人となる。また江戸で加藤千蔭,村田春海らとまじわった。天保(てんぽう)6年5月28日死去。71歳。通称は七郎平。号は田廬(たぶせ),双松(そうしょう)園。著作に「肥後事蹟考証」,歌集に「田廬歌集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ながせまさき【長瀬真幸】

1765‐1823(明和2‐文政6)
江戸中期の国学者。通称七郎平。号田廬(たぶせ)。熊本藩士。初め草野潜渓に従学,父正常からも礼式故実を学んだ。長じて国史,古典に心を寄せ,本居宣長に入門したが,江戸の加藤千蔭,村田春海とも交遊した。《万葉集》を愛しその秀歌を選んで《万葉集佳調》《万葉集拾遺》を編したが,その訓詁注釈方面の研究にも力を入れた。門下に中島広足和田厳足などが輩出,肥後国学の基礎を開いた。【南 啓治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長瀬真幸の関連キーワード国学者加藤千年川島茂樹蔵田花子三鍼那須高堅堀江宗彰真野可亭三木隆盛和田宗淳

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone