コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片井京助 かたい きょうすけ

2件 の用語解説(片井京助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片井京助 かたい-きょうすけ

1785-1863 江戸時代後期の砲術家。
天明5年生まれ。江川太郎左衛門にまなぶ。雷管銃を改良した元込雷管銃をもとに,佐久間象山の援助により1分間に10発撃てる迅発撃銃を製作した。文久3年4月10日死去。79歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

片井京助

没年:文久3.4.10(1863.5.27)
生年:天明5(1785)
幕末の造兵家,発明家。 諱は直徹。信濃(長野県)軽井沢の農民柳沢伝五郎の子として生まれ,佐久郡八満村の鍛冶片井宗造の養子となって松代に移住,藩主真田家の御用鉄砲鍛冶となる。文政年間(1818~30)に「早打鉄砲」を考案した才が認められ,江川太郎左衛門の門に入って洋式砲術を学ぶ機会を与えられた。嘉永年間(1848~54)に入ると雷汞を発火薬に利用した傍装雷火銃を発明し,それを用いる直徹流砲術を創始。またペリーの部下が所持するホール元込め銃からヒントを得た迅発撃銃のほか,雷管式4連発銃や神槍銃あるいはスプリング式の空気銃なども製作した。

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片井京助の関連キーワードエジソンベッセマー造兵造兵学造兵司造兵廠発明権石川平蔵友成安良本島藤太夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone