コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片口 江東 カタグチ コウトウ

20世紀日本人名事典の解説

片口 江東
カタグチ コウトウ

明治〜昭和期の漢詩人



生年
明治5年(1872年)

没年
昭和42(1967)年

経歴
家業を継ぐため中学に進まず、叔父の藻谷海東について漢詩文を学ぶ。さらに一流の漢詩人、木蘇岐山に師事、海東、大橋二水、岡崎籃田とともに、明治期の越中漢詩壇の隆盛期を築いた。生涯に2万篇の漢詩を作ったといわれる。詩集や評論に「江東百絶」「日本百人一誌大意」「漢詩に現はれた越中」など。他に銀行の創設、町長、県会議員を務めるなどして経済活動や地方行政でも活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android