コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片外し カタハズシ

デジタル大辞泉の解説

かた‐はずし〔‐はづし〕【片外し】

江戸時代、御殿女中や武士の妻などの髪の結い方の一。下げ髪を輪に結び、笄(こうがい)を横に挿し、輪の一方を外したもの。
歌舞伎女形用かつらの一。御殿女中武家女房の役に使う。また、その役柄。「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の政岡、「恋女房染分手綱(こいにょうぼうそめわけたづな)」の重の井など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたはずし【片外し】

江戸時代の女性の髪の結い方の一。束ねた髪を根の前に水平に挿した笄こうがいに巻きつけ、片方を笄からはずし後ろへ垂れ下げたもの。笄を抜き取ると、下げ髪となる。諸侯の奥女中などが結った。
歌舞伎の鬘の一。「伽羅先代萩めいぼくせんだいはぎ」の政岡、「鏡山」の尾上など御殿女中や武家の奥方に扮する女形が用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

片外しの関連キーワード恋女房染分手綱伽羅先代萩江戸時代下げ髪奥女中尾上鏡山諸侯奥方

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android