片外し(読み)カタハズシ

デジタル大辞泉の解説

かた‐はずし〔‐はづし〕【片外し】

江戸時代、御殿女中や武士の妻などの髪の結い方の一。下げ髪を輪に結び、笄(こうがい)を横に挿し、輪の一方を外したもの。
歌舞伎女形用かつらの一。御殿女中武家女房の役に使う。また、その役柄。「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の政岡、「恋女房染分手綱(こいにょうぼうそめわけたづな)」の重の井など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたはずし【片外し】

江戸時代の女性の髪の結い方の一。束ねた髪を根の前に水平に挿した笄こうがいに巻きつけ、片方を笄からはずし後ろへ垂れ下げたもの。笄を抜き取ると、下げ髪となる。諸侯の奥女中などが結った。
歌舞伎の鬘の一。「伽羅先代萩めいぼくせんだいはぎ」の政岡、「鏡山」の尾上など御殿女中や武家の奥方に扮する女形が用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android