コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こうがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


こうがい

「髪かき」の意味で,中国では簪 (かんざし) と同一であった。男子の笄は小刀や短刀の鞘に差して髪の乱れを整えるのに用いた。平安時代初期,女性に「笄始め」の儀式が定められ,後期には棒の形になったことが『類聚雑要抄』から知られる。室町時代には三味線の撥 (ばち) の形になり,江戸時代に女子の結髪が盛んになると,棒状の笄を横に挿すようになり,のちにはそりのあるもの,両頭でぬきさしのできるもの,耳かきのついたものなどができ,髪飾りの1つとして使用された。材質は象牙,鼈甲 (べっこう) ,木,竹,馬骨,銀,ガラスクジラなど多種にわたり,珍しいものではツルの脛骨製のものや蒔絵を施した装飾的なものもつくられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けい【笄】[漢字項目]

[音]ケイ(漢) [訓]こうがい
かんざし。かんざしをさす。「笄年/加笄」

こう‐がい〔かう‐〕【×笄】

《「かみかき(髪掻)」の音変化》
髪をかき上げるのに使った、箸(はし)に似た細長い道具。銀・象牙などで作る。
女性の髷(まげ)に横に挿して飾りとする道具。金・銀・水晶・瑪瑙(めのう)・鼈甲(べっこう)などで作る。
刀の鞘(さや)の差表(さしおもて)にさしておく篦(へら)状のもの。髪をなでつけるのに用いる。
笄髷(こうがいわげ)」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

笄【こうがい】

日本髪用の髪飾。もと髪をかき分ける用具で男女とも用いた。男性はふつう刀の鞘にはさんだ。女の笄が髪飾となったのは桃山期以降で,下げ髪をこれに巻きつけて結髪した。髷(まげ)に挿して,見える部分だけに彫りや蒔絵(まきえ)・花飾などが施されることが多い。
→関連項目一宮長常後藤祐乗三所物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうがい【笄】

髪飾の一種。笄は平安時代中期の《和名抄》には加美賀岐(かみかき)という名でみえている。これは毛筋立の一種で,鬢(びん)の毛を整える用具である。《源氏物語》《宇津保物語》には笄の名がみえ,中世の貴族や武士は守刀に差し込み,携帯し,女性も懐中に入れて,ともに髪搔き用具としたものであろう。近世には,刀の鞘に組み込む形式になった刀装具に笄が用いられている。これも武士の整髪というはじめの目的から,しだいに形式化されたものといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうがい【笄】

〔「髪搔かみかき」の転〕
髪を整えるための道具。毛筋を立てたり、頭のかゆいところをかいたりするための、箸に似た細長いもの。男女ともに用いた。象牙・銀などで作る。
江戸時代の女性用髪飾りの一。髷まげなどに挿す。金・銀・鼈甲べつこう・水晶・瑪瑙めのうなどで作る。
刀の鞘さやに挿しておく、金属性の篦へらのようなもの。本来整髪具だが、中世以降は装飾用。
錨銲びようかんの別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


こうがい

女性の髪飾りの一種で、棒状をなしているのが特色である。最上級品はべっこうでつくられ、象牙(ぞうげ)、金銀の蒔絵(まきえ)のなかには螺鈿(らでん)を施したものもある。まがい物のべっこうは馬爪(うまのつめ)でつくられ、色はべっこうに比べると淡い。最近は、合成樹脂に薄いべっこうを張り合わせたものもある。だいたいその形は細長い棒状で、両端を角切りにしたり、楕円(だえん)形にしたり、なかには花笄といって差し込み式になって、両端に手の込んだ牡丹(ぼたん)などの花を細工したものもある。また大きな耳かきを細工したものもある。花笄は、婚礼の際に花嫁が文金高島田に挿すもので、松竹梅や鶴亀(つるかめ)をあしらった寿(ことぶき)模様が多いのは、髪飾りとして一段と華やかにするためである。また日常生活では、若い人たちは笄の一方だけに花鳥の飾りをつけるのを普通とした。
 元来、笄は、当初は女性よりも男性の用いるもので、髪かきとして用いられた。つまり冠帽をかぶっていた時代には頭髪が蒸れ、また戦乱が日夜打ち続くようになってからは絶えず冑(かぶと)をかぶっていたため、髪をかく必要があり使われ始めたことによる。頭をかくために、柔らかく曲げられる金属が用いられた。女性が用いるようになったのは、江戸時代になって下げ髪を始末するためであり、笄を利用した髪形の笄髷(まげ)の発生につながる。江戸時代初期の材料は、鯨(くじら)や鶴の脛骨(けいこつ)が用いられ、べっこうが用いられたのは元禄(げんろく)時代(1688~1704)、蒔絵は8代将軍徳川吉宗(よしむね)の享保(きょうほう)の改革(1716~45)以後である。
 笄の華やかな発達は、遊里と関係が深く、仏像の光背のように挿すようになったのは寛政(かんせい)の改革(1787~93)以後で、錦絵(にしきえ)の世界からこれを知ることができる。そして、民間でも2本挿すのが普通となったばかりでなく、上方(かみがた)では笄ざしというものを紙でつくり、これを、髪を結うときに髷の下に結び付けて、この中に通すようになった。明治になって、日本髪よりも手早く簡単に結える束髪(そくはつ)が流行してから、しだいにその影が薄くなったが、それでもその命脈は、第二次世界大戦までは年配者の間にわずかに残っていた。[遠藤 武]
『喜田川守貞著『類聚近世風俗志』(1934・更生閣) ▽貴志孫太夫稿本『鵜真似草子』(安政年間・国立国会図書館本)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

笄の関連情報