コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重の井/滋野井 シゲノイ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重の井 しげのい

浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎の登場人物。
由留木(ゆるぎ)家の乳人(めのと)。出あった馬子(まご)が実子の三吉とわかるが,主家への義理のために親子の名のりをせずにわかれる。浄瑠璃「恋女房染分手綱(そめわけたづな)」の「重の井子別れ」の場が有名。原作の近松門左衛門「丹波与作待夜小室節(たんばのよさくまつよのこむろぶし)」では滋野井の名で登場する。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

重の井/滋野井の関連キーワード豊松 清十郎(4代目)竹本 重之助(2代目)中村 歌扇(1代目)桐竹紋十郎(初代)瀬川菊之丞(4世)中村 歌扇(初代)森田勘弥(6代)中村時蔵(3世)竹本大和掾尾上菊五郎中村 魁車花柳 喜章桐竹紋十郎片外し子役

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android