重の井/滋野井(読み)シゲノイ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重の井 しげのい

浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎の登場人物。
由留木(ゆるぎ)家の乳人(めのと)。出あった馬子(まご)が実子の三吉とわかるが,主家への義理のために親子の名のりをせずにわかれる。浄瑠璃「恋女房染分手綱(そめわけたづな)」の「重の井子別れ」の場が有名。原作の近松門左衛門「丹波与作待夜小室節(たんばのよさくまつよのこむろぶし)」では滋野井の名で登場する。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android