御殿女中(読み)ごてんじょちゅう

精選版 日本国語大辞典「御殿女中」の解説

ごてん‐じょちゅう ‥ヂョチュウ【御殿女中】

〘名〙 江戸時代、宮中将軍家大名家、大名の江戸屋敷などの奥向きに仕えた女中。最下級はお末から最高級はお年寄まで。行儀見習いなどのために出仕するものが多かった。また、陰険な策謀をめぐらして人を陥れようとする女、底意地の悪い女にたとえていうこともある。奥女中御殿
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)後「まことにまことに、御殿女中(ゴテンヂョチウ)じゃあねへが感心だ」
[語誌]「底意地の悪い女」にたとえられるのは、浄瑠璃加賀見山旧錦絵」に描かれた貧乏武士の娘岩藤のお年寄が裕福な町人の娘尾上の中臈を草履打ちするようなイメージから生まれたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御殿女中」の解説

ごてん‐じょちゅう〔‐ヂヨチユウ〕【御殿女中】

江戸時代、宮中・将軍家・大名などの奥向きに仕えた女中。奥女中。
陰険な策謀を巡らして人を陥れようとする女、底意地の悪い女のたとえ。
「愛子の上に加えられる―風な圧迫とを」〈有島或る女
[類語]女中お手伝いさんメード家政婦派出婦ねえや婆やハウスキーパーお三おさんどん仲働き仲居侍女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android