コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御殿女中 ゴテンジョチュウ

デジタル大辞泉の解説

ごてん‐じょちゅう〔‐ヂヨチユウ〕【御殿女中】

江戸時代、宮中・将軍家・大名などの奥向きに仕えた女中奥女中
陰険な策謀を巡らして人を陥れようとする女、底意地の悪い女のたとえ。
「愛子の上に加えられる―風な圧迫とを」〈有島或る女

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごてんじょちゅう【御殿女中】

江戸時代、宮中・将軍家・大名の奥向きに仕えた女性。行儀見習い等のために仕えた者が多い。奥女中。
嫉妬深く、人を中傷する底意地の悪い女をたとえていう語。 「全く-の生まれ変りか何かだぜ/坊っちゃん 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御殿女中の関連キーワード松江和紙てまり加賀見山旧錦絵小倉百人一首芝居年中行事日立風流物行儀見習い小猿七之助神保 朋世三田村鳶魚水野年方松江姉様弥生狂言黄八丈春日局佐賀錦月の巻角隠しかもじ御守殿下げ帯

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御殿女中の関連情報