コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御殿女中 ゴテンジョチュウ

デジタル大辞泉の解説

ごてん‐じょちゅう〔‐ヂヨチユウ〕【御殿女中】

江戸時代、宮中・将軍家・大名などの奥向きに仕えた女中奥女中
陰険な策謀を巡らして人を陥れようとする女、底意地の悪い女のたとえ。
「愛子の上に加えられる―風な圧迫とを」〈有島或る女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごてんじょちゅう【御殿女中】

江戸時代、宮中・将軍家・大名の奥向きに仕えた女性。行儀見習い等のために仕えた者が多い。奥女中。
嫉妬深く、人を中傷する底意地の悪い女をたとえていう語。 「全く-の生まれ変りか何かだぜ/坊っちゃん 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御殿女中の関連キーワード松江和紙てまり加賀見山旧錦絵小倉百人一首芝居年中行事日立風流物小猿七之助神保 朋世三田村鳶魚行儀見習い松江姉様水野年方弥生狂言黄八丈春日局佐賀錦月の巻角隠しかもじ御守殿片外し

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御殿女中の関連情報