片山喜三郎(読み)かたやま きさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山喜三郎 かたやま-きさぶろう

1867-1932 明治-昭和時代前期の経営者。
慶応3年11月生まれ。関西汽船,琴平銀行などの重役をつとめ,のち摂陽土地商事社長となる。喜楽堂などおおくの会社の重役をかねた。昭和7年1月4日死去。66歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。旧姓は近藤。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android