コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山楊谷 かたやま ようこく

美術人名辞典の解説

片山楊谷

江戸前・中期画家。長崎生。名は貞雄、通称は宗馬、別号に画禅窟等。花鳥画を最も得意とした。風姿は尋常でなく、常に頭髪を束ね、大道を闊歩し、甚だ酒を好んだ。享保元年(1716)歿、42才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山楊谷 かたやま-ようこく

1760-1801 江戸時代後期の画家。
宝暦10年生まれ。因幡(いなば)鳥取新田藩(西館(にしだて))藩主池田定常にみいだされ,藩につかえる。のち京都の西本願寺にくらし,「蓮下鯉魚図」などおおくの花鳥画をのこした。書にもたくみであった。享和元年8月24日死去。42歳。肥前長崎出身。本姓は洞。名は貞雄。通称は宗馬。別号に画禅窟。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

片山楊谷の関連キーワード江戸前

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android