片岸(読み)カタギシ

  • かたきし

デジタル大辞泉の解説

《古くは「かたきし」とも》
片方の岸。
一方が険しいがけになっている所。
「山の奥の谷の―に、高き木のあるに」〈宇治拾遺・六〉
かたわらにある場所。ほとり。
「左近の馬場(むまば)を―にしたれば、いと遥かなり」〈かげろふ・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

古くはかたきしとも
川などの一方の岸。
は崖がけの意 片方が高く切り立ってがけになった所。 遥なる-より馬を丸ばして落ちて/今昔 19
傍らの場所。隣。 左近の馬場を-にしたれば/蜻蛉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「かたぎし」とも)
① 片方の岸。川などの、一方の岸。
※古今六帖(976‐987頃)五「行く水のかげやは見ゆるかたきしのまつはくるしきものにざりける」
② (「きし」は、断崖の意) 片方が高く切り立って、崖(がけ)になった所。
※蜻蛉(974頃)中「勾欄におしかかりて、とばかりまもりゐたれば、かたきしに、草のなかに、そよそよしらしたるもの、あやしきこゑするを」
③ かたわらにある場所。隣り合わせの所。すぐ、はずれの所。ほとり。
※蜻蛉(974頃)上「たまさかに京なるほども、四五条のほどなりければ、われは左近の馬場をかたきしにしたれば、いと遙かなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

片岸の関連情報