コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

版橈晃全 はんどう こうぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

版橈晃全 はんどう-こうぜん

はんじょう-こうぜん

版橈晃全 はんじょう-こうぜん

1627-1693 江戸時代前期の僧。
寛永4年生まれ。曹洞(そうとう)宗。馥州高郁(ふくしゅう-こういく)の法をつぐ。江戸泉岳寺の住持のとき中国高僧伝の編集をこころざし,貞享(じょうきょう)2年(1685)「僧譜冠字韻類」を完成。のち永平寺住持となり,晃全本といわれる「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)」全95巻を編集した。元禄(げんろく)6年2月24日死去。67歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。諡号(しごう)は応安万国禅師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android