牙を鳴らす(読み)キバヲナラス

デジタル大辞泉の解説

牙(きば)を鳴ら・す

牙をむき出しにする。敵意をあらわにする。
くやしがったり怒ったりして歯ぎしりをする。
「にっくい奴は直姫と、―・して語らるれば」〈浄・蝉丸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きば【牙】 を 鳴(な)らす

① 動物などが牙を噛み合わせて音を出す。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉破調「牙(キバ)を鳴らしてゐる狼が鳩のやうに柔順になれと自分の犠物(えもの)に強ゆるやうなもんです」
② 歯ぎしりして、くやしがり、また、おこる。物すごい顔つきをしておこったりくやしがったりする。
※浄瑠璃・蝉丸(1693頃)一「にっくいやつはなを姫ときばをならしてかたらるれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android