コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯ぎしり はぎしりteeth-grinding; bruxism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歯ぎしり
はぎしり
teeth-grinding; bruxism

小児期から始り,主として睡眠中に起る。意識障害とか強い精神的ストレスのある場合にみられるほか,咬合の不調和にもよる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

歯ぎしり【はぎしり】

咬合(こうごう)の異常習癖の一つで,歯を強くこすり合わせて断続音を出すもの。睡眠中にみられる上下の歯を強くすり合わせて,特有のきしり音を生ずるタイプは,一般に睡眠の浅いときに多いといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歯ぎしり
はぎしり

一般に睡眠中に歯と歯がすり合う音や、歯を強くかみ合わせて音をたてることをいうが、専門的には、昼夜を問わず意識的または無意識的におこる歯と歯の異常な咬合(こうごう)関係を総称して、ブラキシズムbruxismという。この意味での歯ぎしりは、(1)ギリギリと音を発する歯ぎしり(グラインディングgrinding)、(2)断続的なくいしばり(クレンチングclenching)、(3)反復しておこる上下の歯の異常接触(タッピングtapping)の3種類に分類される。こうした歯ぎしりにおいては、習慣性の反復的または持続的な異常な力が、歯を顎骨(がくこつ)に結合している歯周組織に直接伝えられるため、ときには歯根膜および歯槽骨に外傷を与えてそれらの組織を破壊することがある。この状態を咬合性外傷とよぶ。歯ぎしりの原因としては、咬合の不調和や精神的緊張(ストレス)などがあげられる。
 治療法としては、(1)咬合の不調和の修正を目的とした咬合調整法、(2)特定の少数歯に加わる異常咬合力から歯周組織を保護する目的でのバイトガードbite guard(ナイトガードnight guardともいう)の装着、(3)ブラキシズムの為害性を認識して、夜間の歯ぎしりは絶対にしないという自己暗示にかける暗示療法などがある。[加藤伊八]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

歯ぎしりの関連キーワード顎関節症/顎関節内障夜泣き・かんの虫歯噛み・歯嚙みマイアサウラ牙を鳴らす嘴を鳴らすねじめ正一アデノイド知覚過敏症顎関節症知覚過敏歯科治療慷慨切歯悔しがる暗示療法切歯扼腕小児期歯周炎歯軋み歯切り

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歯ぎしりの関連情報