コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛乳蛋白繊維 ぎゅうにゅうたんぱくせんいmilk protein fibre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牛乳蛋白繊維
ぎゅうにゅうたんぱくせんい
milk protein fibre

牛乳の中に含まれる蛋白質を抽出して製造した再生繊維イタリアで 1935年頃から工業化し,スニヤ・ビスコーザ社ではメリノバと呼んで販売。白色ないし乳色で,柔らかくて羊毛に似ているが,繊維性能は良好とはいえず,特に強度が著しく劣る。羊毛,綿花,化学繊維などと混紡して用いた。現在ではほとんど生産されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報