コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛歯化 ぎゅうしかtaurodontism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牛歯化
ぎゅうしか
taurodontism

主として臼歯の形成の際に,歯根が下方で融合することにより歯髄腔が大きくなる現象をさす。これは一般的に歯冠部を大きくして歯の強い咬耗に耐えようとする適応と考えられ,歯を酷使するエスキモーサン族などに多くみられる。また古い時代の人類に顕著であり,特に典型的ネアンデルタール人において著しく発達している。多分に遺伝的形質であるといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

牛歯化の関連キーワードネアンデルタール人ネアンデルタール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android