牛車の宣旨(読み)ギッシャノセンジ

  • ▽牛車の宣旨
  • ぎっしゃ
  • の 宣旨(せんじ)
  • 牛車

大辞林 第三版の解説

親王・摂政・関白などが、牛車に乗ったまま内裏の建礼門まで入ることを許す旨の宣旨。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

親王、摂関家などが、牛車に乗ったまま、宮中の建礼門まではいることを許す旨を記した宣旨。
※小右記‐正暦元年(990)七月一六日「入夜行成朝臣来弔、左大臣牛車之宣旨」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の牛車の宣旨の言及

【牛車】より

…構造や装飾の違いにより多くの呼称があり,乗る人の位階・家柄や公私用の別などによって用いる車の種類が定まっていた。宮城内に車を乗り入れることは禁じられていたが,〈牛車の宣旨(せんじ)〉を賜って許可された者は特別に車に乗って宮城門を出入りできた。装飾が華美に過ぎたり身分の下の者が乗用したりすることがあったので,しばしば過差禁止の対象となり禁令が出された。…

※「牛車の宣旨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android