コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建礼門 けんれいもん

4件 の用語解説(建礼門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建礼門
けんれいもん

平安京大内裏外郭門の一つ。修明門と春華門の間にあり,内裏南面の承明門に相対。左・右兵衛によって警固された。またこの門前において白馬節会 (あおうまのせちえ) や射礼 (じゃらい) ,相撲節 (すまいのせち。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けんれい‐もん【建礼門】

平安京内裏外郭十二門の一。南面中央にあって、内郭の承明門に対する。門前で白馬(あおうま)の節会(せちえ)などが行われた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けんれいもん【建礼門】

平安宮内裏外郭の南面中央門。〈けんらいもん〉ともよむ。白馬節会(あおうまのせちえ)がこの門前で行われたので,青(白)馬陣ともいう。平城宮にはこの門に相当するものはなく,内裏内郭が中隔をへだてずに大極殿に接している。したがって平安宮(ないしは長岡宮)において初めて設置された門と考えられる。当初は内郭の南門(承明門)に対して南端門と称されたが,後に建礼門(初見は《続日本後紀》天長10年12月)と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の建礼門の言及

【建礼門】より

…したがって平安宮(ないしは長岡宮)において初めて設置された門と考えられる。当初は内郭の南門(承明門)に対して南端門と称されたが,後に建礼門(初見は《続日本後紀》天長10年12月)と称された。《延喜式》では建礼門前には南庭と称される広場があり,儀式の場として使用された。…

※「建礼門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

建礼門の関連情報