コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧歌劇 ぼっかげきpastoral

翻訳|pastoral

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧歌劇
ぼっかげき
pastoral

羊飼いや田園の生活を,人間と自然との調和の理想としてとらえ描いた,ロマンチックな演劇。 16世紀後期,イタリアに現れた。 T.タッソの『アミンタ』 (1573) と G.B.グァリーニの『忠実な牧童』 (90) が代表作。イギリスでは 17世紀に盛んになり,J.フレッチャーの『貞淑な女羊飼い』 (1608頃) が生れたが,むしろ仮面劇への影響が大きい。シェークスピアの『お気に召すまま』『冬物語』『あらし』などにも牧歌的要素がみられる。牧歌劇はまた,オペラやバレエの発展にも大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の牧歌劇の言及

【タッソ】より

…そういう環境のなかでタッソは《詩学および英雄叙事詩に関する論考》(晩年に推敲が重ねられて大著《英雄叙事詩論》となる)の執筆,叙情詩集の刊行,フェラーラ・アカデミアでの発表活動などを行い,他方でさまざまな貴婦人との恋愛を経験した。1572年,アルフォンソ2世直属の廷臣となり,翌73年には牧歌劇《アミンタ》を執筆。十数世紀の伝統を担う牧歌の形式に悲劇と喜劇の要素を混入しながら16世紀後半に形成されつつあった新しい文学ジャンル〈牧歌劇〉は,この作品によって決定的にその形態を確立し,さらにその形態は17世紀における〈オペラ〉のジャンルの開花にも多大な影響を与えた。…

※「牧歌劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牧歌劇の関連キーワードピール(George Peele)ロバンとマリオンの劇アダン・ド・ラ・アルオペラ(舞台芸術)ウォッツ=ダントングンドゥリッチインタールードスペイン演劇モンフルーリ旅芸人の記録イタリア演劇フランス演劇シャドウェルルッツァンテパストラル東欧演劇カウリーダニエルエンシナピール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android