コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野古白 まきの こはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野古白 まきの-こはく

?-1506 戦国時代の武将。
今川氏親(うじちか)に属し,永正(えいしょう)2年三河(愛知県)今橋城をきずく。永正3年11月3日松平長親(ながちか)に攻められ討ち死に。なお「藩翰譜」などには,氏親に攻められたとある。名は利成,成時。通称は田三(蔵),左衛門尉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

牧野古白の関連キーワード豊橋(市)今川氏親吉田城牛久保

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android