コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藩翰譜 はんかんぷ

6件 の用語解説(藩翰譜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藩翰譜
はんかんぷ

江戸時代中期に成立した歴史書。正編 10巻,付録2巻,凡例目録1巻。新井白石著。元禄 14 (1701) 年甲府藩主徳川綱豊 (のちの6代将軍家宣) の命によって起稿。翌 15年2月呈上。内容は慶長5 (1600) ~延宝8 (80) 年の 80年間における1万石以上の大名の 337家について,その始封,襲封,廃除などを記したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はんかんぷ【藩翰譜】

江戸中期の歴史書。13巻。新井白石著。元禄15年(1702)成立。慶長5年(1600)から80年間の、諸大名337家の由来と事績を集録し、系図をつけたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藩翰譜【はんかんふ】

江戸前期の各藩の年譜。新井白石著。13巻。1600年―1680年の大名337家の始封・襲封・廃除などを記す。1700年甲府藩主徳川綱豊(のちの将軍家宣)の内命をうけ,1702年完成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はんかんふ【藩翰譜】

1600年(慶長5)から80年(延宝8)までの間に徳川将軍に臣属した諸大名家の系譜と歴代の伝記の集成。新井白石著。13巻(正編10巻,付録2巻,凡例・目録1巻)20冊。1701年(元禄14)正月に甲府宰相徳川綱豊(家宣)の命を受け,7月11日に起筆,10月に脱稿,書名を綱豊が命名し,翌年2月に清書本を上呈した。写本で伝来したので巻次の差異や異本が多い。書名は徳川将軍家を中国の王室になぞらえて,諸大名をその藩翰(藩はかきね,翰は幹と同じで,国の柱の意)とみなした意である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はんかんふ【藩翰譜】

歴史書。一三巻。新井白石著。徳川綱豊(のちの家宣)の命を受けて1702年完成。1600年(慶長5)から80年(延宝8)にいたる諸大名三三七家の事績を記し、家ごとに系図を付す。はんかんぷ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藩翰譜
はんかんぷ

新井白石(あらいはくせき)の著書。白石が主君甲府綱豊(こうふつなとよ)(後の6代将軍徳川家宣(いえのぶ))の命により、1702年(元禄15)に編纂(へんさん)上呈したもの。全13巻20冊。1600年(慶長5)関ヶ原の戦いから1680年(延宝8)4代将軍家綱(いえつな)の代の終わりまで、80年間の全大名家の経歴と系譜とが記述されている。書名は綱豊自身が選んだもので、藩は「まがき」「まもり」の意味である。本書は幕藩体制の鳥瞰図(ちょうかんず)的役割をもつことのほか、政治の参考書であり道徳教訓書でもあった。また優れた文章と豊かな内容とによって、家宣が死ぬまで座右を離さなかったのをはじめ、武家一般に広く読まれ、大名家で本書を備えないものはなく、古今いまだその比をみない盛行ぶりといわれた。本書執筆のために白石は全精力を傾け、そのため「白髪満頭」になったと告白しているほどであるが、その後も少なくとも三度手入れが行われた(完成は1716年以後のこと)。疑わしいことは書かず、実証主義を堅持しているところに学問的良心の強さがみられるが、情景を生き生きさせるための作為や、系図の部分におけるかなりの誤りなどの弱点もある。のち11代将軍家斉(いえなり)のとき、本書の後を受けて『続藩翰譜(ぞくはんかんぷ)』が編纂されたこと、大名家で系図や祖先の事績が問題となったときかならず引き合いに出されたことなどをみれば、本書が権威ある著作、いわば標準的史書として扱われていたことが知られよう。『新井白石全集 第1巻』『訂正藩翰譜 上下』所収。[宮崎道生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩翰譜の関連キーワード京都所司代大句数慶長金慶長銀黒川正直月渓聖澄後藤即乗島津忠興聖久女王山口弘隆

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone