コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野成賢 まきの しげかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野成賢 まきの-しげかた

1714-1792 江戸時代中期の武士。
正徳(しょうとく)4年生まれ。幕臣。明和5年勘定奉行から江戸町奉行となる。安永9年無宿養育所を江戸深川に設置して無宿者への授産につとめ,その更生をはかった。天明4年大目付にすすむ。寛政4年4月25日死去。79歳。通称は大九郎,靱負(ゆきえ),織部

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

牧野成賢

没年:寛政4.4.25(1792.6.14)
生年:正徳4(1714)
江戸中期の町奉行。宝暦11(1761)年12月公事方勘定奉行。明和1(1764)年閏12月の伝馬騒動の際には,騒動終了後その吟味に当たる。同5年5月江戸町奉行。安永9(1780)年10月には,無宿増大への対応策として,のちの人足寄場につながる無宿養育所を江戸深川に設置し,無宿に仕事を覚えさせる。天明1(1781)年8月の上州絹一揆,同3年9月の上州・信州世直し一揆,4年2月の武蔵国多摩郡での一揆の際,一揆勢捕縛のため同心を現地に派遣。同3月大目付に転じる。都市秩序の動揺が進行していた当時の江戸に対し,無宿養育所設置など,牧野が取った政策にはみるべきものが多い。<参考文献>南和男『江戸の社会構造』

(安藤優一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

牧野成賢の関連キーワードハノーバー朝ハノーバー朝イギリス史(年表)フランス史(年表)アン奈良屋茂左衛門ジョージ[1世]アンジョージ1世ホークスムア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android