江戸町奉行(読み)えどまちぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸町奉行
えどまちぶぎょう

江戸幕府職名江戸におかれた町奉行で,寺社奉行勘定奉行とともに「三奉行」の一つ。老中の支配に属し,定員は2名。江戸町民の行政,司法,警察のすべて,および火災の際の消防指揮,火付け盗賊の取締り,府内の土木工事も担当。享保4 (1719) 年,それまで再三行われた組織替えが確定して南北両組となり,各組に与力 20人余,同心 100人余がおかれた。町奉行は南北両奉行所に分れて,月番で交代に政務をとったが,ときに応じて増減があった。この職には,原則として旗本がつくことになっていたが (役料は 3000石) ,ときには万石以上の者がつくこともあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えど‐まちぶぎょう〔‐まちブギヤウ〕【江戸町奉行】

江戸幕府の職名。老中の支配下にあって、江戸の武家地・社寺地を除く地域と町人に関する行政・裁判・警察などを担当した。数寄屋橋に南町奉行呉服橋北町奉行があり、一月交代で職務に就いた。寺社奉行勘定奉行とともに三奉行という。→町奉行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えどまちぶぎょう【江戸町奉行】

江戸幕府の職名。南北両奉行所に分かれ、月番で江戸町方の行政・司法・警察をつかさどった。輩下に与力・同心がいた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えど‐まちぶぎょう ‥まちブギャウ【江戸町奉行】

〘名〙 江戸幕府の職名。正式の称呼は町奉行。老中の支配に属し、江戸町方の行政、司法および警察に関するいっさいの事務をつかさどるかたわら、寺社奉行、勘定奉行とともに評定所に列し、幕政にも加わった。南北二人の奉行が月番で事務を処理し、輩下に与力・同心がいた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江戸町奉行の関連情報