コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸町奉行 えどまちぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸町奉行
えどまちぶぎょう

江戸幕府職名江戸におかれた町奉行で,寺社奉行勘定奉行とともに「三奉行」の一つ。老中の支配に属し,定員は2名。江戸町民の行政,司法,警察のすべて,および火災の際の消防指揮,火付け盗賊の取締り,府内の土木工事も担当。享保4 (1719) 年,それまで再三行われた組織替えが確定して南北両組となり,各組に与力 20人余,同心 100人余がおかれた。町奉行は南北両奉行所に分れて,月番で交代に政務をとったが,ときに応じて増減があった。この職には,原則として旗本がつくことになっていたが (役料は 3000石) ,ときには万石以上の者がつくこともあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えど‐まちぶぎょう〔‐まちブギヤウ〕【江戸町奉行】

江戸幕府の職名。老中の支配下にあって、江戸の武家地・社寺地を除く地域と町人に関する行政・裁判・警察などを担当した。数寄屋橋に南町奉行呉服橋北町奉行があり、一月交代で職務に就いた。寺社奉行勘定奉行とともに三奉行という。→町奉行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

江戸町奉行【えどまちぶぎょう】

町奉行

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

えどまちぶぎょう【江戸町奉行】

江戸幕府の職名。南北両奉行所に分かれ、月番で江戸町方の行政・司法・警察をつかさどった。輩下に与力・同心がいた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸町奉行
えどまちぶぎょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

江戸町奉行の関連キーワード名奉行遠山の金さん〈3〉名奉行遠山の金さん〈2〉名奉行遠山の金さん〈5〉名奉行遠山の金さん〈6〉名奉行遠山の金さん〈7〉名奉行遠山の金さん〈1〉名奉行遠山の金さん〈4〉名奉行遠山の金さん奥脇太郎左衛門享保撰要類集南町奉行所遠山金四郎江戸町年寄御貸付金井戸覚弘西大平藩青山忠成石橋真国曲淵景漸大岡忠相

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江戸町奉行の関連情報