牧野車塚古墳(読み)まきのくるまづかこふん

国指定史跡ガイドの解説

まきのくるまづかこふん【牧野車塚古墳】


大阪府枚方(ひらかた)市小倉東町にある古墳時代中期の前方後円墳。淀川の左岸に形成された枚方台地の北縁、標高22mに位置する。主軸は地形と平行する東西方向で、全長107.5m、後円部径54.5m、前方部の幅44m、前方部を東に向けている。周囲に幅約10mの空濠をめぐらせ、西側から南側にかけては、現在も外堤をとどめている。墳丘と周濠東側は大阪府北部の代表的な古墳として、1922年(大正11)に国の史跡に指定され、墳丘西側の外濠部分が確認されたため、1980年(昭和55)に追加指定を受けた。築造時期は、内部構造や遺物が明らかでないため不明だが、墳丘の形状、周濠、埴輪(はにわ)などが古墳時代中期の様相を呈していることなどから、5世紀代に築造されたものと推定される。古墳の南西方面には、赤塚・権現塚・子供塚・ショーガ塚などの古墳が分布していたが、これらの墳丘はすべて消失。赤塚古墳出土の副葬品の記録から、牧野車塚古墳を盟主墳とする古墳群であったと考えられている。現在、牧野車塚古墳一帯は車塚公園として整備されている。京阪電鉄京阪本線牧野駅から徒歩約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android