特別豪雪地帯(読み)トクベツゴウセツチタイ

デジタル大辞泉の解説

とくべつ‐ごうせつちたい〔‐ガウセツチタイ〕【特別豪雪地帯】

豪雪地帯対策特別措置法により指定された豪雪地帯のうち、積雪の度が特に高く、自動車の交通が長期間途絶することなどから、住民の生活に著しい支障が生じている地域。特豪
[補説]昭和33年(1958)から昭和52年(1977)までの20年間における累年平均積雪積算値が1万5000センチメートル日以上の地域が2分の1以上の市町村などで、国土審議会議決を経て国土交通大臣総務大臣農林水産大臣が指定する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android