特定寄付信託(読み)トクテイキフシンタク

デジタル大辞泉の解説

とくていきふ‐しんたく【特定寄付信託】

非営利団体に対する寄付を目的とする信託。個人の寄付者から委託された資金を信託銀行が運用し、運用収益とともに、寄付者の指定した公益法人などに定期的に寄付する。日本では平成23年(2011)から導入された。運用収益は非課税となり、寄付者は寄付金の元本部分について寄付金控除等を受けることができる。日本版プランドギビング信託

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android