コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特発性膝骨壊死 とくはつせいひざこつえし

家庭医学館の解説

とくはつせいひざこつえし【特発性膝骨壊死】

[どんな病気か]
 大腿骨(だいたいこつ)の遠位部(ももにある大腿骨が膝(ひざ)の関節をつくっている部分)の骨が壊死した状態です。
 60歳以上の女性によくみられることが特徴で、大腿骨内側顆部(だいたいこつないそくかぶ)の関節面に圧倒的に多くおこります。
 まれですが、大腿骨外側顆部の関節面に発生することもあります。
[症状]
 急激な膝の痛みで発病します。夜間に痛むことが多く、関節液がたまることもあります。
 しかし、関節の動きはあまり悪くはなりません。
[治療]
 壊死の範囲が狭い場合は、自然に治癒(ちゆ)することもありますが、多くの場合、骨切り術や人工膝関節単顆置換術(じんこうしつかんせつたんかちかんじゅつ)といった手術が必要になります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android