コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関節液 カンセツエキ

デジタル大辞泉の解説

かんせつ‐えき〔クワンセツ‐〕【関節液】

滑液

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんせつえき【関節液 synovial fluid】

関節腔に存在する組織液の一種であるが,そのおもな役目は,潤滑,すなわち関節の運動が低摩擦で行われるための潤滑剤としての役目と,関節軟骨栄養の維持の二つである。関節軟骨には血管がなく血液の供給が得られないので,関節液が代りに栄養を供給している。正常関節では関節液の量はきわめて少なく,ひざのような大きな関節でも数cc以下にすぎず,その採取は困難である。正常関節液は,透明で淡黄色を呈し,きわめて粘稠(ねんちゆう)性に富んでいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

関節液の関連キーワードなぜ関節に水がたまるのか?(関節水症)結核性関節炎(関節結核)ヒアルロン酸ナトリウム高尿酸血症/痛風特発性膝骨壊死ヒアルロン酸化膿性関節炎変形性関節症関節リウマチグルクロン酸試験穿刺アミノ糖炭水化物滑膜尿酸

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android