特許無効審判請求

産学連携キーワード辞典の解説

特許無効審判請求

特許無効審判請求」とは、特許庁に対して、特許権の無効処分を求める請求のことを指す。「特許無効審判請求」は、相手の特許を消滅させる目的で行われ、原則として請求者と権利者間の攻防に基づき、口頭審理が行われる。無効審判を得ることができれば、特許権は消滅し、最初から存在しなかったことになる。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android