犬死(読み)いぬじに

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 何か意味のあるつもりであっても、結局は何の役にも立たず、名誉にもならない死に方。現代では社会的意味に重点をおいていう場合が多い。徒死。むだじに。
※半井本保元(1220頃か)下「自害をしたらばよかるべきに、犬死せんずるござんなれ」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「ここにて自殺(じさつ)し給はんは、潔(いさぎよ)きに似て犬死(イヌジニ)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

犬死の関連情報